イタリアの高級腕時計

"ずっと知りませんでしたが、母が腕にはめている時計はイタリアの高級腕時計のパネライだったのです。だからあんなにも輝いていたのでしょう。だからいつも母は大事にしていたのです。それを私はずっと知っていたのですが、そんなにも高級な時計で外国のものとは思っていませんでした。
二十歳の頃に私はそれを母から譲ってもらおうと思ったのです。とても素敵で、私にも感じる何かがあったのです。腕にはめてみたいと思ったのです。でも母は触らせてもくれませんでした。そんな母を少し、嫌だなと思ってもいたのです。
でも私がパネライの腕時計を壊してしまったら大変だったから、だから触らせてもくれなかったのでしょう。それは仕方がないと思っています。これを母はイタリアへ行った時に買ったと言っていました。初めて行った海外旅行がイタリアだったのです。それを聞いて、私もイタリアへ行きたくなりました。
旅行の記念にと思い切って買ったと言いますが、かなり高価なものなのでよく買えたなととても不思議なのです。そんな大事なものなので、いつになっても私には譲ってはもらえないでしょう。


このページの先頭へ戻る